子どもたちや自分のために作ったハンドメイド作品とつくり方をご紹介しています♪   

*スポンサードリンク*

シューズケース(裏地付き、切替あり)

写真 基本の形を応用して、裏地が付いた切り替えがあるタイプのシューズケースを作ってみました。
複雑そうですが作ってみると簡単にできると思います。 自分だけのオリジナルのシューズケースを作ってみてくださいね。

製図・断ち合わせ図

写真

材料

写真 【出来上がり寸法】
たて27㎝×よこ23㎝×マチ6㎝
【材料】
キルティング生地(表地・本体) たて23㎝×よこ25㎝…2枚
キルティング生地(表地・切替) たて22㎝×よこ25㎝…1枚
(キルティング生地は全部で、たて70㎝×よこ25㎝あれば足ります)
裏地 たて64㎝×25㎝…1枚
Dかん25㎜ 1個
カラーベルト 10㎝…1本
カラーベルト 30㎝…1本
飾り用レース 25㎝…2本

作り方

写真 表地の本体と切替布を中表に合わせて縫い代1㎝のところを縫い合わせます。
※縫い始めと縫い終わりは返し縫いをします。

写真 縫い代を切替布側に倒してアイロンをかけて、0.5㎝のところにステッチをかけます。
※縫い始めと縫い終わりは返し縫いをします。

写真 表地と切替布を縫い合わせて、ステッチをかけた状態です。
同じようにして、もう1枚の本体布と切替布をつなぎ合わせます。

写真 つなぎ合わせた部分をレースで飾ります。写真のように黒い線の部分を縫ってレースを付けます。
※縫い始めと縫い終わりは返し縫いをします。

写真 レースを縫い終わった状態です。
同じようにして、もう一か所にもレースを縫い付けます。

写真 Dかんに10㎝のカラーベルトを通して半分に折り、写真のように黒い線の部分を縫います。

写真 Dかんを取り付けたカラーベルトを、本体の表側の中心部分に取り付けます。
この時、縫い代2㎝の範囲内に仮縫いします。

写真 30㎝のカラーベルトを半分に折り、先ほどカラーベルトを取り付けた反対口の中心部分に仮縫いします。

写真 2本のカラーベルトを仮縫いし終わった状態です。

写真 表地と裏地を中表に合わせて、シューズケースの口の部分(縫い代2㎝)を縫い合わせます。
※縫い始めと縫い終わりは返し縫いをします。

写真 反対側は返し口の部分を開けて縫い合わせます。
※縫い始めと縫い終わりは返し縫いをします。

写真 表地と裏地の布を一度開いて写真のようにたたみ、両脇を1㎝の縫い代のところで縫います。
※縫い始めと縫い終わりは返し縫いをします。

写真 マチを縫います。
写真のように、底の角を三角にたたみ、6㎝幅のマチを作ります。
表地2か所、裏地2か所の計4か所作ります。
※縫い始めと縫い終わりは返し縫いをします。

写真 縫い残した返し口より表に返します。

写真 裏地は表地の内側に入れて、アイロンをかけます。

写真 カバンの口にぐるっと0.2㎝のラインと1.5㎝のラインにステッチをかけます。

写真 完成しました!

写真 内側のイメージです。
裏地が付いているのでスッキリしています。

完成したら、ぜひ投稿してくださいね♪
写真
ランキングに参加しています!
当サイトが参考になりましたら、ポチっと応援していただけると励みになります♪
いつもどうもありがとうございます(*´▽`*)
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


   *スポンサードリンク*

ランキングに参加しています



*スポンサードリンク*


↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system